子猫がくる 忍者ブログ
初めての多頭飼いを始める様子を書いていきます。
みふうです。
新しい猫がうちにやってきます。
先住猫とうまくやっていけるか、毎日の様子を書いていきます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りリンク
リンク
にゃんこと遊ぼ!
最新コメント
無題(返信済)
サトシ(09/09)
無題(返信済)
新年明けました はゆ(01/06)
今年も(返信済)
torashiro(01/06)
無題(返信済)
はゆ(01/04)
無題(返信済)
そら(01/03)
85(返信済)
はゆの郵便屋(01/01)
ロッソくん(返信済)
torashiro(09/19)
無題(返信済)
puuchoco(06/11)
無題(返信済)
puuchoco(06/06)
無題(返信済)
そら(06/05)
最新トラックバック
ブログ内検索
ランキング
↓クリックしなくてもいいランキングサイトがありました。
ブログの評価 ブログレーダー
[37] [36] [35] [34] [32] [33] [31] [30] [29] [28] [27]
2017/09/26 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/07/19 (Wed)
病院へ行ったとき、自由に持ち帰っていい資料があったので、もらって帰りました。
5年も猫を飼っているのに、知らない食物もあったので、皆さんの参考になればと思い、載せておきます。
____
☆チョコレート
 チョコレートに含まれているテオブロミンやカフェインといった物質が中毒の原因となります。これらの物質が神経や心臓などに作用し、嘔吐、不安、興奮、頻脈(心臓の鼓動が速くなること)、震え、痙攣などを起こします。場合によっては死に至る場合もあるのです。しかも、特異的な解毒薬はありません。
 カフェインやテオブロミンの最小致死量は100〜200mg/kgといわれています。一般的なミルクチョコレートだと、1オンス当たり45〜60mg、ビターチョコレートだと130〜185mg、ココアパウダーには150〜600mgも含まれています。1オンスが大体30gですから、ミルクチョコレートだと体重1kgあたり60g、ビターチョコレートだと30g、ココアパウダーだと10〜30gを摂取すると危険ということになります。

☆オニオンパウダー
 ネコ科の赤血球を損傷するある種の酸化物を含んでおり、貧血の原因となることがあります。

☆生卵
 これに含まれるある種のタンパク質は体のビタミンB群の利用を妨害します。このために皮膚炎や抜け毛、神経の異常などを引き起こすことがあります。

☆マグロ
 カルシウムが少なく、リンがたくさん含まれます。マグロを多量に食べると骨粗鬆症の1種にかかる場合があります。

☆屋内植物
 ポインセチア、ツツジなどは深刻な中毒を引き起こします。

☆車庫では不凍液
 強い毒性があります。(どうやら甘くておいしいようです)
___

チョコレート。ビックリしました。
あげたことはないですが、旦那のくろすけにそのことを話したら、まこちゃんの兄弟を飼っている家では、うちのネコはチョコレートが大好きで・・って言っていたようです。最近連絡は取っていないので判らないのですが、そのネコが、まだ健康だといいのですが・・・心配です。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

↓ブログランキングに参加しています。
 クリックして頂けるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ

人気ブログ検索 - ブログフリーク



ありがとうございました♪
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ [PR]


Copyright © 子猫がくる All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
Design © みふう